50代におすすめの化粧品を選んで肌をケア|自慢の肌を手に入れよう

ビタミンCの美容効果

化粧品

沢山のメリットがある

ビタミンc誘導体は複合的な肌トラブルを改善できるビタミンCから作った成分です。メラニン色素の色素沈着を改善し、シミをなくして元通りにする美白効果があります。また、ターンオーバーのサイクルを早める効果もあるので、ニキビ跡などの色素沈着跡の排出も期待できます。さらにニキビの元となる過剰な皮脂分泌を抑え、毛穴をきれいに保つ働きがあります。皮脂が抑えられることで、オイリー肌やニキビ肌の改善ができます。ビタミンc誘導体には抗酸化作用があるので、活性酸素をなくして肌老化を予防できます。また、コラーゲンに働きかけて合成を促し、肌に艶やハリを出したり、肌の再生を促してニキビのクレーター跡を薄くしたりもできます。

ビタミンCの働き

ビタミンc誘導体の素となっているのがビタミンCです。ビタミンCはコラーゲンの合成をサポートする栄養素としても知られています。美しくハリのある肌を作るのに欠かせない栄養です。しかし、ビタミンCは不安定な成分なので、肌に直接つけても浸透しないという特徴があります。ビタミンc誘導体はビタミンCの体や肌への働きかけをそのままに、安定化した成分です。化粧水に使われている水溶性ビタミンc誘導体と、乳液に使われている油溶性ビタミンc誘導体、水溶性と油溶性の両方の性質を併せ持っている両用性ビタミンc誘導体があります。両用性ビタミンc誘導体は即効性と持続性があり、浸透力は普通のビタミンc誘導体の何百倍もあります。